GoogleマップMEO対策

MEOはSEOを超える?Googleマップでお客様をお店や施設へ導ける!

GoogleマップMEO対策とは?

概要

MEOとはMap Engine Optimizationの略称で、Googleマップの地図検索エンジンに対してサイトを最適化することをいいます。
Google検索では、駅や都市などの地域名を含んだキーワードで検索した際、検索結果の1ページ目(ファーストビュー)に通常の検索結果よりも上位に表示される検索枠があります。
この検索枠は、地図上に検索結果に該当する店舗・施設等がポイント表示されるので、目的の場所を訪問しようとしているお客様に対して、非常に高い誘導効果があります。
ローカルの検索結果を独占するGoogleマップに店舗・施設情報を掲載し、その情報ページに対してGoogleマップMEO対策を行うことにより、この検索枠に上位表示されることが可能になります。
 

 

ユーザー動向

Googleは検索エンジンのシェアで7割弱を占め、Googleマップにおいては実に9割近くのユーザーが利用したことがあるという結果が出ています。
Googleマップを利用したユーザーのうち、8割弱がお店や施設に電話をしたり訪問したりするアクションを起こしており、その集客力の高さが分かります。
 

 

利便性の高さ

1:ユーザーが「場所」+「目的」のキーワードで検索を行うと、検索結果に店舗・施設一覧が表示されます。
2:検索結果の店舗・施設をタップすると、店舗・施設の情報と共に電話や経路などのボタンが表示されます。
3:ユーザーはそのまま目的の店舗・施設に直接電話をかけたり、店舗・施設までの経路を表示させて実際に向かうことができます。
 

 

対策ワード

GoogleマップMEO対策では、ご希望の地域名とキーワードの組み合わせから6パターンを抽出し、それぞれの上位表示が実現できるよう対策を行います。
例えば「銀座」と「フランス料理」の組み合わせの場合、以下の6つが対策ワードになります。( _ はスペースです)
 

 
※GoogleマップMEO対策の一例として以下のものがあります。
□管理者権限の受領手続き
□店名や住所などの内部情報最適化
□画像や動画の登録(Googleストリートビュー含む)
□位置情報最適化
 

MEO対策の料金


 

お申込みの流れ


 

セット割引がお得!

GoogleマップMEO対策にはストリートビューが無料(撮影10Pまで)で付帯します。さらに、ExchangeSetでの申込みなら初期設定費用も成果報酬単価もお得です!
全国・全業種に対応しております。
いつでもお気軽にお問い合わせください。
 

≪≪Googleストリートビュー    コンパクト外貨両替機≫≫
 

お問い合わせ